目のマッサージの最近のブログ記事

以前から目が悪く、矯正もしていますが、
ここ半年で急激に視力が低下しました。

ここ半年で変わったことと言ったら、
スマホの購入以外考えられないので、
スマホが原因でしょう。

多分私は画面に近いんだと思います。
視力ってやっぱりモノとの距離や、
対象を見ている時間が関係すると思います。

これではやばいと思い、
視力回復もしくは、これ以上悪くならないよう、
ネットで色々調べてみました。

やはり血行が悪いことは良くないので、
目の周りのマッサージ、肩こり解消、ホットタオル
など試しました。

また視力回復の眼球運動なども実践、
ただこういうものは継続しないと効果はわかりません。

しかもスマホ使用での疲れに、
ケアが追いついているかどうかと言ったら、
たぶん追いついてない気がします。

一番いいのはスマホから離れること、
たまに遠くの山を見たりすることが、
いいことだと思います。

これをきっかけに無料スマホゲームも、
自分が本当にやりたいものに絞り、
スマホから離れたいですね。

視力の低下、はっきり言って怖いですから。


ショックだった視力の低下

| コメント(0)

仕事で一日中パソコン画面を見ているせいか、最近目が悪くなったなぁと感じます。

特に感じるのが携帯メールをしている時。
以前に比べて明らかに、文字が見えにくくなっています。

元々視力が抜群に良かった私としては、視力低下はとてもショックな出来事です。

会社の健康診断で行われた視力検査でも、だいぶ悪い結果が出てしまっていますし...。

だからと言って仕事を辞めるわけにも、パソコンを使わないわけにもいきません。
毎日目薬を使う位では、一日中目を酷使し続ける生活から目を守ってあげることが出来ないみたいです。

まだ眼鏡をかけるほどではないので、これ以上の視力低下はなんとしても避けたいと考えています。

視力の回復も目指して、今出来ることを色々してみようと試みている最中です。

目をギュッと閉じたり、パッと開いたりしながら目のストレッチを行っています。

あとは視力回復に効果があると言われるツボを押したり、蒸したタオルをあてて目をほぐしたりしています

今後はブルーベリーのサプリも飲んでみようかとも思っていますし、今までおろそかにしてきた目のケアをしっかりとしていくつもりです。

眼が良くなるツボでよく言われているのが、「眼の周りをマッサージする」ですが、この方法ですが私はちょっと違うやり方でマッサージしています。

テレビなどでよく目にする方法は指で目の周りを押し込むといったものです。

あまりグリグリやると目を傷つけてしまうとのことで、適度にやることを望まれていますが、私はそんなことどうでもいい!

私の行っているマッサージはまさに文字通り「グリグリ」です。

まず手の平を目じりにあて、そこに頭の重さを乗せグリグリとマッサージする!

一見痛いように感じられますが、慣れるとこの方法でなければ満足いきません(汗)

勿論この方法を使用した後は目が真っ赤に充血します。

眼科医から言わせればこの方法はまさしく目を負傷させてしまうかもしれない危険な方法だと言われそうですが、タバコと同じです。

自分の体に害があるとわかっていてもやってしまいたくなる...そんなものです。

ただ、この方法で目をマッサージして早15年以上...。

私の目は悪くならず、酷使している状況にかかわらず視力は意外と下がりません。

荒療治という言葉があるくらいですから、このくらいが人間にはちょうどいいのかもしれませんね。


大学生の頃までは、裸眼で視力が1.5位ありました。

もちろん、運転免許証も眼鏡なしで一発OKだったのですが、
社会人になって毎日パソコンを使うようになって、
どんどん視力が低下していってます・・。

今の会社に入社して、初めて配属されたのが業務システム課
という部署で、そこは一日中パソコンにテキストを入力しては、
入力間違いがないかチェックするという仕事の繰り返しなのです。

しかも1か月で残業のない日は3日くらいしかなく、
それ以外は毎日通常労働時間8時間プラス残業4~5時間、
ずーっとパソコンのモニターを見つめっぱなしなのです。

おかげで、社会人になって1年後には夕方目がかすむようになり、
テレビの字幕や標識の文字が少しぼやけて見えるように
なってしまいました。

5年経った今では仕事は裸眼でしていますが、
運転免許証には「眼鏡」の文字が・・・。

さすがにこれ以上視力が下がるのは嫌なので、
1時間に1回は遠くを見たり、少しの間目を閉じて
意識的に目を休ませたりしています。

バスタイムには、目をぐるぐる回してみたり、
目の周りや眉毛のツボを押してみたりしています。

今のところ、日常生活に支障が出るほど
悪化してはいないようですが、
悪化しないだけでなく、また回復して
目が見えるようになりたいなあと思っています。