2014年6月アーカイブ

眼が良くなるツボでよく言われているのが、「眼の周りをマッサージする」ですが、この方法ですが私はちょっと違うやり方でマッサージしています。

テレビなどでよく目にする方法は指で目の周りを押し込むといったものです。

あまりグリグリやると目を傷つけてしまうとのことで、適度にやることを望まれていますが、私はそんなことどうでもいい!

私の行っているマッサージはまさに文字通り「グリグリ」です。

まず手の平を目じりにあて、そこに頭の重さを乗せグリグリとマッサージする!

一見痛いように感じられますが、慣れるとこの方法でなければ満足いきません(汗)

勿論この方法を使用した後は目が真っ赤に充血します。

眼科医から言わせればこの方法はまさしく目を負傷させてしまうかもしれない危険な方法だと言われそうですが、タバコと同じです。

自分の体に害があるとわかっていてもやってしまいたくなる...そんなものです。

ただ、この方法で目をマッサージして早15年以上...。

私の目は悪くならず、酷使している状況にかかわらず視力は意外と下がりません。

荒療治という言葉があるくらいですから、このくらいが人間にはちょうどいいのかもしれませんね。


大学生の頃までは、裸眼で視力が1.5位ありました。

もちろん、運転免許証も眼鏡なしで一発OKだったのですが、
社会人になって毎日パソコンを使うようになって、
どんどん視力が低下していってます・・。

今の会社に入社して、初めて配属されたのが業務システム課
という部署で、そこは一日中パソコンにテキストを入力しては、
入力間違いがないかチェックするという仕事の繰り返しなのです。

しかも1か月で残業のない日は3日くらいしかなく、
それ以外は毎日通常労働時間8時間プラス残業4~5時間、
ずーっとパソコンのモニターを見つめっぱなしなのです。

おかげで、社会人になって1年後には夕方目がかすむようになり、
テレビの字幕や標識の文字が少しぼやけて見えるように
なってしまいました。

5年経った今では仕事は裸眼でしていますが、
運転免許証には「眼鏡」の文字が・・・。

さすがにこれ以上視力が下がるのは嫌なので、
1時間に1回は遠くを見たり、少しの間目を閉じて
意識的に目を休ませたりしています。

バスタイムには、目をぐるぐる回してみたり、
目の周りや眉毛のツボを押してみたりしています。

今のところ、日常生活に支障が出るほど
悪化してはいないようですが、
悪化しないだけでなく、また回復して
目が見えるようになりたいなあと思っています。



私の視力は0.2~0.3程度です。おまけに、乱視、遠視と入っていて大変です。

パソコンも長時間やってるし、テレビもよく見ます。
だから目に相当負担がかかっていると思います。

そこで、簡単に視力低下を防ぐトレーニングや視力低下を防ぐグッツ(ピンホールメガネ)を利用しています。

そして外に出た時には、なるべく遠くを見るようにしています。

視力低下を防ぐトレーニングとは、目を左右上下斜めに動かす(眼球トレーニング)ことで、目の筋肉をほぐして柔らかくしているようです。

視力低下を防ぐ(ピンホールメガネ)は、100円ショップで購入しました。

こちらの方も使用したあとにメガネを外すと、気持ちよくモノが見えてきます。
効果の方も十分あるのではないでしょうか。

まぁ、視力は上がってはいないようですが、極端に下がっている様子もないので、
かなりの効果があるものだと考えています。

できれば、視力が上がる方法があればとも思って、色々、探したり友達に聞いたりしていますが、今のところ手術ぐらいしかないようです。




私は昔から視力はよく、私の母もかなり視力が良かったので遺伝したのだと思います。

そしてその母から視力がいいと早く老眼がやってくるとよく言われたものです。

それは母自身も早いうちから老眼になったため、実体験として私にそう語っていたのです。

しかしもちろん若い頃は老眼の事など身に染みてわかるはずもなく、対岸の火事といった感じでした。

ところが三十歳を過ぎた頃から、遠くのものを見るときに気が付くと目を細めているということが増えてきました。

目を細めたからといってそれで遠くのものが見えるようになるというわけではないのですが、なんとなく焦点が合ったような気がするのです。

そういったことで最近では日に日に視力の低下を感じています。

とくに離れたものを見る時には、ぼやけたり霞んだりしてものすごく見えにくいので、私も歳を取ったんだなとあらためて感じています。

そのため今はなるべく遠くの緑を眺めるようにして、目の疲れを癒すようにケアをしています。

ブルーベリーのサプリを愛用しています

| コメント(0)

10年ほど前に、視力の低下を指摘され、いわゆる近眼だと診断され、めがねを使用しています。

それ以来、なんとか視力が回復しないかといろいろと試してはいるんですが、パソコンなどの使用のため、視力がよくなるどころか、かえって低下しているのではと思うこともよくあります。

そこで、いわゆるサプリメントに頼ろうという気持ちに落ち着きました。

さて、視力回復のためのサプリメントといえば、もちろんブルーベリーです。

いろいろなものが出回っていますが、値段が高いものでは続かないだろうと考え、一ヶ月分1000円くらいで収まるものに落ち着きました。

そして、これは、もう1年くらい飲み続けています。

飲み続けた結果、なんだか視力も少しは良くなったような気がしてきました。

しかし、次は、近眼ではなく、いわゆる老眼のきざしがみえていることに気づきました。

近眼のめがねをかけていると、近くが見えづらいのです。

車を運転することがあるので、遠近両用メガネは使用できません。
ちょっと、困っています。

私は視力が悪くなってからは視力を回復させようと色々やってきました。

私が一番効果があるなと思った方法は、とにかく遠くを見ることです。

科学的根拠は一切ないのですが、遠くの山などの緑色をなるべく見るようにしていたら次第に以前よりは見えやすくなりました。

この方法をする前は目頭を押したりただ目薬をするだけでした。

ですがこの遠くを見る方法をしてからは視力が少しだけ回復したのか、あまりぼやけて見えることが少なくなりました。

この方法は友人から教えてもらったのですが、友人もこの方法をやり続けた結果遠くの物がしっかりと見えるようになったみたいです。

私は遠くを見る方法の他にも、ブルーベリーやあさりを食べるようにしています。

ブルーベリーはジャムなどを買ってパンに塗って食べています。

あさりは味噌汁にしたりパスタに入れたりと工夫をしています。

視力が悪くなった当初に比べてだいぶ良くなったと実感出来ているので、これからも視力回復するために色々と試していこうと思っています。